田舎暮らしの物件なら、茨城鹿嶋の宮中グリーンホームにお任せ下さい!

宮中グリーンホームロゴ
田舎暮らし宮中グリーンホーム ブログタイトル
トップページ > かしまの暦 > 食べて育てる、お手軽栽培!リボーン・ベジタブルに挑戦。
田舎暮らし資料請求バナー 田舎暮らし物件情報バナー
食べて育てる、お手軽栽培!リボーン・ベジタブルに挑戦。
皆様こんにちは、社員Tです。

今回は、3月のブログでご紹介しました、
「リボーン・ベジタブル(再生野菜)」の
その後をご紹介させていただこうと思います。

リボーン・ベジタブルは、
野菜の料理で使わない部分を捨てずに、
水に浸し、再度収穫するキッチンガーデニングです。

やり方は、とても簡単、
容器を用意して、野菜の切れ端を
綺麗な水に浸すだけ。
食べて、また収穫できるという
経済的、且つお手軽な栽培方法です。

前回は、豆苗を水に浸すまでをご紹介しました。
それでは、ご覧ください。


最初は、ほうれん草と合わせて
おひたしでさっぱりといただきました。

そして、残った方のこちら、
容器に綺麗な水を入れて浸すだけ。

あとは明るいところに置いて、
1日に1.2回、水を交換します。

水を交換すること5日目・・・

あ~!
切れ端から葉や茎がニョキニョキ伸びているのを確認。
このときは数本だけでしたが、
成長が目で見えると、嬉しいものですね。

そして、9日目・・・

元気いっぱいに伸び続けています。


そして、約2週間がたちました・・・

もうフッサフッサ。
食べごろです。
最収穫して2回目の料理に!


今回は、豆苗をたっぷり使って

栄養・ボリューム満点、
豆苗とあさりの春パスタにしました^^

一度だけでなく、二度も美味しく頂けました。
再収穫したときは、お手軽な栽培方法とはいえ
結構嬉しいものです。

豆苗の他にも小ねぎや三つ葉、セリ、人参、大根、カブ等、
ご家庭の冷蔵庫にあるような野菜でも可能だそうです。

食べて育てるリボーン・ベジタブル、
皆様も、ぜひ身近な野菜でチャレンジしてみては如何でしょうか。



2018.04.08
宮中グリーンホームブログ記事一覧に戻る
田舎暮らし資料請求バナー 田舎暮らし物件情報バナー
ページのトップに戻る
田舎暮らし・物件は宮中グリーンホーム
Copyright (c) 宮中グリーンホーム All Rights Reserved.
当社サイトに掲載の物件情報・写真・イラスト等を許可なく転載・使用・引用する事を禁じます。