記事一覧

宮中ふれあい菜園教室「菜園ス」“大根&ほうれん草の種まきをしました”

ファイル 343-1.jpgファイル 343-2.jpgファイル 343-3.jpgファイル 343-4.jpgファイル 343-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

今回の宮中ふれあい菜園教室「菜園ス」も社員Fに変わり、

私、社員Tがご紹介いたします。

さて、前週に特別実習を行った11期生と12期生のみなさん、

今回の実習では大根とほうれん草の種を蒔きます。

まずは土作り、耕すところからスタートです。

耕運機を使って耕すのですが、

雑草があると耕運機に絡まってしまうので、

みんなで雑草をとります。

ファイル 151001-.jpg

取り除いたところで耕運機登場!

ファイル 151001-.jpg

人生初の耕運機、使い方を教わりながら実践です。

ファイル 151001-.jpg

皆さん、コツを掴むのに一苦労です。

ファイル 151001-.jpg

耕運機はコツさえ掴んでしまえば、

腕力に自信のない女性でも扱えます。

ファイル 151001-.jpg

まっすぐ耕せてます。いい感じです。

ファイル 151001-.jpg

ファイル 151001-.jpg

ふかふかに土を耕し、次は肥料や堆肥をかけていきます。

今回使用する堆肥は、

昨年12月に菜園教室の実習で作った自家製腐葉土です。

ファイル 151001-.jpg

ファイル 151001-.jpg

再び耕運機登場、土と肥料を混ぜ合わせます。

ファイル 151001-.jpg

育てる野菜に応じて、耕す深さを変えていくのですが、

大根の場合、土が固いと短くなってしまうので、

シャベルを使ってしっかりと深く耕します。

ファイル 151001-.jpg

次は畝(うね)作りです。

どのくらいの高さの畝にするのか、

アドバイザーのIさんをお手本にします。

ファイル 151001-.jpg

一生懸命な中にも笑いが絶えない雰囲気が、菜園教室です。

ファイル 151001-.jpg

大根は成長の過程で間引きをするので、

どのくらいの数の種をどのくらいの感覚で蒔いていくか

Iさんのアドバイスを受けてみんなで決めました。

ファイル 151001-.jpg

指で穴を開けます。

ファイル 151001-.jpg

ファイル 151001-.jpg

さぁ、蒔いていきます。

ファイル 151001-.jpg

美味しく育ってね、

ファイル 151001-.jpg

ファイル 151001-.jpg

皆さんが種を蒔いていると、Iさんが何かを担いできました。

ファイル 151001-.jpg

細い竹、シノ竹です。

実は、大根は虫に食べられ易いので、

大根を虫から護るために、このシノ竹を使って防虫ネットを作ります。

ファイル 151001-.jpg

シノ竹は骨組みになるんですね。

ファイル 151001-.jpg

ネットを被せて

ファイル 151001-.jpg

端は土を被せてしっかり踏み固めて虫が入り込むのを防ぎます。

ファイル 151001-.jpg

出来ました。

ファイル 151001-.jpg

ファイル 151001-.jpg

あとは大根は成長を待つだけです。

ファイル 151001-.jpg

大根の次は、ほうれん草です。

ファイル 151001-.jpg

ほうれん草の場合、浅く耕します。畝もつくりません。

パラパラと種を蒔き、

ファイル 151001-.jpg

今回の実習は終了です。

秋に入り、気温も下がって大分作業がし易かったのではないでしょうか。

大根とほうれん草、収穫のときが楽しみですね。

皆さん、本当にお疲れ様でした。

ファイル 151001-.jpg

このページの最上部に戻る

宮中ふれあい菜園教室「菜園ス」“新メンバーで特別実習しました”

ファイル 342-1.jpgファイル 342-2.jpgファイル 342-3.jpgファイル 342-4.jpgファイル 342-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

今回の宮中ふれあい菜園教室「菜園ス」は社員Fに変わり、

私、社員Tがご紹介いたします。

9月に入り、ふれあい菜園教室では10期生が卒園、

新たに12期生が入園いたしました。

入園・卒園式は後日行われるのですが、

その前に最初の勉強会の日にが訪れました。

とても天気の良い日です。

ファイル 150924-.jpg

勉強会が始まる前に、新しく入る12期生に、

Hさんから菜園教室の説明がありました。

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

説明が終わり、菜園教室のアドバイザー、Iさんも登場し、

ファイル 150924-.jpg

みんなが揃ったところで新しい仲間での菜園教室がスタートしました。

自己紹介が終わり、少し緊張気味だった12期生の皆さんも

少しずつ雰囲気に慣れていきます。

ファイル 150924-.jpg

今回の勉強会のテーマは、

「今回実習で畑に何の野菜を植えるのか」でした。

話の中で出た素朴な疑問や質問に

アドバイザーのIさんが丁寧に答えます。

12期生からは、

道具は何を買えば良いのか?

まずは何からしたらよいのか?など

初めてならではの質問も出ました。

ファイル 150924-.jpg

勉強会が進むにつれ、その場は笑顔に包まれていきます。

時折笑い声の聞こえる、その和やかな雰囲気は

菜園教室の魅力の一つでもあるんですね。

ファイル 150924-.jpg

結果、実習で大根とほうれん草を植えることに決定しました。

通常は翌日の実習で、この勉強会で決まった内容を行うのですが、

今回、弊社のお客様のH様からのお申し出で、

さつまいもをはじめ、H様邸で育っている野菜を

収穫させて頂けることになりました。

特別実習として、新メンバー最初の実習は

H様邸の野菜の収穫に決まり、

通常の実習は翌週に延期となりました。

さあ、特別実習当日、

この新メンバーで収穫開始です。

ファイル 150924-.jpg

ここでお詫びです。

本来同行する予定だった私Tが、

諸事情により同行できなくなり、

収穫の模様は写真でご紹介させて頂くことになってしまいました。

本当にすみません、ただスタッフに撮ってもらった写真が

とても良く撮れているので、それでご勘弁を。

話によるとH様は別荘でご利用で、

お忙しく中々鹿嶋に来ることが出来なかったそうです。

とても広い・・・

ファイル 150924-.jpg

さつまいものつるを取るのも大変そうです。

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

広すぎる、中々手ごわそうです。

ファイル 150924-.jpg

休憩・・・

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

!!!

あれっ

ファイル 150924-.jpg

後ろにいるあの人は・・・

8月に卒園したKさんです。

実は、想像以上に畑が広かったので、

Kさんを急遽助っ人としてお呼びしたのです。

もちろん、奥様もご一緒です。

ファイル 150924-.jpg

助っ人も来て鬼に金棒、みんなで広大な畑の収穫再開です。

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

収穫させて頂いたお礼に雑草をとりました。

さつまいも収穫完了!

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

さつまいもの他になたまめや、

すいか、カボチャなどを収穫させていただきました。

立派です。

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

ファイル 150924-.jpg

この立派な野菜の収穫は菜園教室の皆さんにとって

励みになったのではないでしょうか。

大変な中にも収穫の楽しさを体感することが出来たのは

写真の笑顔から分かりますね。

ファイル 150924-.jpg

Hさん、今回収穫させて頂いてありがとうございました。

このページの最上部に戻る

ひよこの恩返し?可愛いくて美味しいおすそわけ。

ファイル 341-1.jpgファイル 341-2.jpgファイル 341-3.jpgファイル 341-4.jpgファイル 341-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

大分涼しくなりすごし易くなってきましたね。

実は先日、お客様のところから戻ってきた

建築部のNさんから卵を頂きました。

茶色で少し小ぶりな卵です。

ファイル 150917-.jpg

「この卵どうしたんですか?」

「あのひよこが生んだ卵だよ、いただいちゃった」

あのひよこ・・・

「あっ階段の?」

あのひよこというのは、今年の1月にお客様から相談を受けて

NさんとMさん二人で烏骨鶏のひよこの階段を作らせて頂いたことがあり、

ブログでもその様子をご紹介させて頂いたひよこだったのです。

こちらがその様子です。

http://www.miyanaka.co.jp/diarypro/diary.cgi?no=311

そのひよこ達が成長し、卵を生んだので

お客様がNさんにお裾分けしてくれたのです。

とても立派な卵です、それも烏骨鶏・・・

ファイル 150917-.jpg

どんな味がするのだろう、

そこへ、これに入れて食べたい、とFさん。

ファイル 150917-.jpg

手に持っているのはあの有名な、あれです。

まさにベストマッチ、相性抜群です。

ファイル 150917-.jpg

階段を製作したNさんとMさんが見守る中

Fさんが調理?を始めます。

ファイル 150917-.jpg

卵を落とし、お湯を入れ、

ファイル 150917-.jpg

ファイル 150917-.jpg

蓋をして、あとは待つだけ・・・

ファイル 150917-.jpg

完成(笑)

若干お湯の温度が低かったようですが美味しそうです。

ファイル 150917-.jpg

さぁ、お味はどうでしょう?

ファイル 150917-.jpg

ファイル 150917-.jpg

美味しそうに食べるFさん、あっという間に完食です。

「味はどうでした?」

「あっ混ぜて食べちゃった、う~ん・・・美味しかったですよ」

グルメ番組のリポーターの様にとは言いませんが、

出来ればもう少し具体的に知りたかった・・・

ご満悦なFさんを尻目に、私は皆さんにこの卵の味を

お伝えすることを心に誓いました。

この卵のを味わうための食べ方は・・・

私はこの頂いた卵を翌日のお昼に食べることに決めました。

翌日の調理に必要な食材を用意する為です。

そして翌日、お昼になると早速調理に入ります。

フライパンに火を入れて・・・

ファイル 150917-.jpg

ファイル 150917-.jpg

そう、目玉焼きです。シンプルイズベスト!小細工なしです。

ファイル 150917-.jpg

私のイチオシ目玉焼き、

焼き方はサニーサイドアップ、皆様もご存知の通り

大事なのは火加減ですね、

絶対に焦がしてはいけません、

細心の注意を払い、白身だけ火を通し黄身は生の状態をキープ。

ファイル 150917-.jpg

ちょっとだけ蒸らして完成です。

ファイル 150917-.jpg

ベーコンとサラダを添えて、

ファイル 150917-.jpg

完成です。

ファイル 150917-.jpg

ファイル 150917-.jpg

お昼に朝食?若干違和感はありますが、ともかく完成です。、

今回は卵には何もかけませんでした。

卵の黄身は弾力があって、

何もかけなくても食べられるほどとても甘くて濃厚な味でした。

素材の良さを引き出すのはシンプルな調理法に限りますね。

卵もそうですが、あの階段のひよこが元気で育っているのが

何より嬉しいです。

美味しい卵、ありがとうございました。

このページの最上部に戻る

お日柄の良い日にS様邸で地鎮祭が行われました。

ファイル 340-1.jpgファイル 340-2.jpgファイル 340-3.jpgファイル 340-4.jpgファイル 340-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

先日、大安でお日柄の良い日に

弊社お客様のS様邸で地鎮祭が執り行われました。

澄んだ青い空に、暖かい日差しと、心地良いそよ風、穏やかな日の中で、

工事の安全を祈願いたしました。

S様邸に到着すると、既に神主さんが地鎮祭のセッティングをしていました。

一緒に同行した建築部のMさんがすぐさまお手伝いをします。

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

同行した際は何時もお手伝いをしているMさん、

ぱっぱっぱっと手際よく準備が進みます。

ファイル 150910-.jpg

セッティングも完了し、S様も揃ったところで、

地鎮祭が始まりました。

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

祝詞が広い空に響きます、

ファイル 150910-.jpg

建物の四方をお清めします。

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

家主様より鍬入れの儀が行われます。

えいっ、えいっ、えいっ、と

声に出しながら3回鍬を入れます。

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

そして奥様、

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

建築関係者として私も鍬入れさせて頂きました。

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

鎮物を埋めて

ファイル 150910-.jpg

二例二拍手一礼、

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

最後にお酒を頂いて

ファイル 150910-.jpg

ファイル 150910-.jpg

儀式は終了となります。

記念にお写真を撮らせていただきました。

ファイル 150910-.jpg

S様 おめでとうございます!

写真を撮っている後ろでは・・・

ファイル 150910-.jpg

Mさんが黙々と片付けをしていました。

ファイル 150910-.jpg

地鎮祭のあと打ち合わせをさせていただいたのですが、

その時頂いた奥様手作りのミルクムース、

ファイル 150910-.jpg

程よい甘さと上にのっているコーヒーゼリーの風味が

とてもマッチしていてとっても美味しかったです。

ご馳走様でした。

地鎮祭も無事終わり、これから本格的な家づくりのスタート、

出来上がるお家、今から楽しみですね。

S様、この度は本当におめでとうございました。

このページの最上部に戻る

毎年恒例、鹿島神宮「神幸祭」に行ってきました。

ファイル 339-1.jpgファイル 339-2.jpgファイル 339-3.jpgファイル 339-4.jpgファイル 339-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

毎年9月の1日・2日は鹿島神宮で最も大きなお祭りのひとつ、

「神幸祭(じんこうさい)」が行われます。

1日の夜にお祭見物で鹿島神宮に行ってきました。

鹿島神宮前の通りは屋台や祭見物の人たちで賑わっています。

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

1日・2日の2日間、町内には、

5台の山車が鹿島囃子の調べにのって練り歩くのですが、

丁度このとき、神宮前の広場で山車の紹介をしていました。

ファイル 150903-.jpg

5台の山車が1台ずつアナウンスで紹介されています。

このとき、紹介されている山車は広場中央で

「のの字回し」といって、山車がのを書くように

その場でぐるぐると優雅に回ります。

紹介の終わった山車は町内に向かいます。

ファイル 150903-.jpg

闇の中に橙色に光る山車はとても神秘的です。

ファイル 150903-.jpg

山車には下座連(げざれん)と呼ばれる

囃子手が乗車してお囃子を奏でます。

ファイル 150903-.jpg

各山車にはそれぞれ、大きな人形がのっていてとても迫力があります。

2011年にNHKでドラマにもなった鹿嶋出身の剣豪、塚原卜伝や、

ファイル 150903-.jpg

日本神話に登場する皇室の祖神、天照大神など

ファイル 150903-.jpg

日本の神々や歴史上の人物など様々で見応えがあります。

ファイル 150903-.jpg

そして、1日の夕方からは、神輿出御の道筋を照らす明かりとして、

神幸祭とは別に「提灯祭」と呼ばれる祭事も行われます。

たくさんの提灯が付いた背の高い青竹を焚き火の中にいれて、提灯を燃やします。

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

提灯を燃やしながら振り回される様は迫力満点です。

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

お囃子を奏でながら街中を優雅に練り歩く5台の山車、

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

2階建ての建物に匹敵する大きがあります。

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

ファイル 150903-.jpg

非日常の世界が広がり、我々を魅了してくれる鹿嶋のお祭り、

毎年このお祭りが行われると

「あ~夏ももう終わりか~」とちょっぴり

寂しい気もしますが、食べ物が美味しく、

運動や読書、何をするにも最適な秋がやってきます。

鹿嶋の秋は魅力満載です。

その魅力はまた今度、別の機会に

ご紹介させて頂きますので

お楽しみに。

このページの最上部に戻る

人生一大イベントの家づくり!K様邸、上棟式が執り行われました。

ファイル 338-1.jpgファイル 338-2.jpgファイル 338-3.jpgファイル 338-4.jpgファイル 338-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

人生においての一大イベントである家づくり、

先日、弊社お客様のK様の上棟式が執り行われました。

当日は、青空も出て清々しい天気となりました。

現場では大工さんが作業中です。

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

現場からはトントンと心地よい音がします。

ファイル 150827-.jpg

組んである足場からの景色です。

とても気持ち良いです。

ファイル 150827-.jpg

上棟式で使う物を買出ししてきた社員Nさん、

上棟式のフォローをさせて頂きます。

ファイル 150827-.jpg

そこへ、K様ご家族が到着されました。

ファイル 150827-.jpg

既に建物の中心では、大工さんによって

魔よけのための幣束(へいそく)を鬼門に向けて立てています。

ファイル 150827-.jpg

着々と上棟式の準備が進み、

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

準備が整いました。これから式が始まります。

2礼2拍手1例、

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

大工さんの棟梁により祝詞が読み上げられます。

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

慎ましく進行していき、

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

ファイル 150827-.jpg

最後は施主であるK様のご挨拶です。

ファイル 150827-.jpg

緊張した面持ちではございましたが、立派なご挨拶でした。

上棟式が無事終わり、

最後にご家族みなさんで記念写真です。

皆さん自然な笑顔ですね、

はい、いきま~す

ファイル 150827-.jpg

K様、おめでとうございます。

11月完成予定ということですので、

今から完成が待ち遠しいですね。

このページの最上部に戻る

新しい仲間“めだか”登場!D君「飼育は私にお任せあれ」

ファイル 337-1.jpgファイル 337-2.jpgファイル 337-3.jpgファイル 337-4.jpgファイル 337-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

とある日の夕方、社員Nさんがニコニコしなが外出先から帰ってきました。

手には白くて小さい入れ物に

何やら葉っぱのようなものが入っています。

ファイル 150820-.jpg

中を覗いてみると、水が入っていますが良く分かりません。

ファイル 150820-.jpg

「何かいる?」

「いるじゃないですか、かわいいメダカが」

あっ、よく見ると小さくてかわいいメダカがいます。

ファイル 150820-.jpg

「Mさんに頂いちゃいました」

何でも、弊社のお客様のM様のお宅にお伺いした際に、

M様が飼っているメダカを分けて頂いたそうです。

「水槽ありましたよね、ここで飼いましょうよ?」とNさん。

「水槽ありますよ」、

生き物といえば・・・

ご存知D君の出番です。

「メダカですか、良いですね、かわいいし」

実はD君は熱帯魚などを飼っているので、

魚の飼育に関しての知識は社内どのスタッフより

優れているのです。

早速水槽を出して、水を入れます。

それを見てNさんが入れ物に入っているメダカを

水槽に入れようとします。

ファイル 150820-.jpg

「ちょっと、何やってるんですか、まだいれちゃダメですよ」

D君があわててNさんを止めます。

「入れちゃダメなの?」

「ダメですよ、ちゃんと水合わせをしないと」

ファイル 150820-.jpg

いきなり環境の違う水に入れると、

温度や水に溶け込んだ物(水質)の違いから、

魚はびっくりしてしまい、そのストレスがダメージになって、

小さくてデリケートなメダカにいたっては、

死んでしまうこともあるそうです。

「僕に任せてください」

ファイル 150820-.jpg

ファイル 150820-.jpg

D君はまずメダカと一緒に水に入っていた草を先に水槽の水に入れました。

ファイル 150820-.jpg

「ここでちょっと時間を置きます」

ファイル 150820-.jpg

小さくてかわいい

ファイル 150820-.jpg

「よしっ」

しばらく時間を置いて、メダカを入れます。

ファイル 150820-.jpg

ファイル 150820-.jpg

そして草を水槽からとります。

ファイル 150820-.jpg

「これで大丈夫ですよ」

完成です。

まだ水槽は寂しい感じですが、ゆくゆくは卵を産めるように

水草などを入れていくそうです。

ファイル 150820-.jpg

ファイル 150820-.jpg

大きさが2cm位まで育ったら、

小さめの可愛い水槽に入れて、応接室で飼おうと計画しています。

まだ体調は1cm位、

ファイル 150820-.jpg

スタッフ皆で協力して育てていこうと思います。

えさのあげ方など、まだまだD君に教わることは多そうです。

応接室で飼えるそのときには、

ご来社されたお客様にも見ていただけますので

楽しみにしてくださいませ。

頂いたMさんにも是非見ていただきたいですね。

このページの最上部に戻る

身近なところにヤツはいた!カブトムシ&クワガタ。

ファイル 336-1.jpgファイル 336-2.jpgファイル 336-3.jpgファイル 336-4.jpgファイル 336-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

先日、社員Sさんとの会話の中で、

「T君、会社の畑を過ぎたところに林があるだろ、

そこ、カブトムシとクワガタ、たくさん捕れるんだよ、

朝なんか木の切り跡に何匹もくっついてるんだから」

「そんなに捕れるんですか?」

「簡単に捕れるよ、行ってみる?」

場所も近くで、夕方とタイミングが良かったので

早速現場へ行って見ました。

すると・・・

ファイル 150813-.jpg

おおぉ~!!

クワガタがいます!!

ファイル 150813-.jpg

枝を切った後の樹液が良いみたいですね、

手で簡単に捕れる位置にいます、

ファイル 150813-.jpg

のこぎりクワガタと小クワガタです。

ファイル 150813-.jpg

この子達は、会社で飼う事になりました。

残念ながらカブトムシはいませんでしたが、

カブトムシは後日のお楽しみにするとして、

我々は会社に戻り、クワガタを飼う準備を始めました。

もちろん、この子達のお家を作るのは・・・

いきもの係担当のD君です!

ファイル 150813-.jpg

昨年のブログでも手際の良さは、実証済みです。

では、D君、今年も宜しくお願いします。

今回、昆虫マット(土)を2種使いました。

ファイル 150813-.jpg

ファイル 150813-.jpg

よーく混ぜます。

ファイル 150813-.jpg

ファイル 150813-.jpg

ファイル 150813-.jpg

ファイル 150813-.jpg

あとは、昨年同様のにおい消し、活性炭を入れて、

ファイル 150813-.jpg

軽く混ぜて、

ファイル 150813-.jpg

ファイル 150813-.jpg

完成です。

ファイル 150813-.jpg

餌は栄養満点のゼリーです。

ファイル 150813-.jpg

おいしそうですね。

ファイル 150813-.jpg

D君ありがとうございました。

翌日、Sさんがあの林からカブトムシを捕ってきてくれました。

ファイル 150813-.jpg

今日のご飯はきゅうりです。

ファイル 150813-.jpg

ファイル 150813-.jpg

Sさんが写真を撮ってきてくれました。

ファイル 150813-.jpg

ファイル 150813-.jpg

弊社にお越しの際は、

ぜひこのカブトムシとクワガタに会ってあげて下さい。

このページの最上部に戻る

社員T、夏の風物詩、緑カーテン&毎年恒例、N様邸BBQ。

ファイル 335-1.jpgファイル 335-2.jpgファイル 335-3.jpgファイル 335-4.jpgファイル 335-5.jpg

みなさんこんにちは、社員Tです。

8月に入り、連日真夏日が続きますね~

ファイル 150806-.jpg

弊社営業犬のオクト君もこの暑さにはダウン・・・

ファイル 150806-.jpg

そんな暑さから我々を守ってくれる力強い見方、

それは、「緑のカーテン(ゴーヤときゅうり)」でございます。

6月のブログでもご紹介させて頂いた緑のカーテンが

見事に完成いたしました。

植えたときはこんなにかわいいゴーヤが

ファイル 150604-.jpg

徐々に成長していき、

ファイル 150806-.jpg

ファイル 150806-.jpg

そして今では、こんなにも立派に育ちました。

どーん!!

ファイル 150806-.jpg

びっしりと窓を覆いつくしております。

ファイル 150806-.jpg

室内からみたらコンナ感じです。

ファイル 150806-.jpg

この緑のカーテンが、直射日光から我々を守り、

室内の冷房の効きを良くしてくれているのです。

快適な環境、

ファイル 150806-.jpg

暑いのが苦手なD君(想像通り?)も、

集中して黙々と、真心こめて手紙を書いておりました。

中からは、実ったゴーヤの成長が見易いので、

ファイル 150806-.jpg

ゴーヤの収穫は窓際が席の私の仕事になりました。

ファイル 150806-.jpg

緑のカーテン、暑さから我々を守ってくれてありがとう!

この収穫したゴーヤやきゅうりはご来社いただいたお客様に

お土産でお持ち帰り頂いておりますので、

楽しみにしてくださいね。

そして、暑い夏だからこそ楽しめるもの、

その代表格といえば・・・

そう、バーベキューですね。

弊社のお客様のN様より、バーベキューにご招待いただきました。

鹿嶋の夕暮れです、日中とはうって変わって

気温がぐんと下がりました。

ファイル 150806-.jpg

心地よい風が吹いていて、とても気持ちがいいです。

メンバーは毎年恒例で、ご近所の仲良しグループの皆さんです。

ファイル 150806-.jpg

お庭でバーベキュー、最高のロケーションですね。

皆さん和気あいあいと話が弾み盛り上がっています。

ファイル 150806-.jpg

セッティングされたテーブルには奥様ご自慢の手料理が、並びます。

ファイル 150806-.jpg

ファイル 150806-.jpg

ファイル 150806-.jpg

実は、お料理に使われた野菜のほとんどは

N様のお庭で収穫されたものなんですね。

ファイル 150806-.jpg

ファイル 150806-.jpg

このウズラの卵もN様が飼われているウズラが産んだものです。

ファイル 150806-.jpg

ご主人自ら肉を焼いておもてなしするのがN様流のバーベキューです。

ファイル 150806-.jpg

「茨城産の和牛が旨いんだよ」

ファイル 150806-.jpg

「割烹 美和」と書かれた手作りの提灯が素敵に演出しています。

ファイル 150806-.jpg

この楽しい時間は夜が更けるまで続きました。

ファイル 150806-.jpg

夏の夕暮れと、サラサラと流れる心地よい風、

気の合うご友人と美味しい料理を囲んだ素敵な時間、

N様、来年も楽しみにさせて頂きますね(笑)。

皆様もお庭で夏のバーベキュー、オススメですよ。

このページの最上部に戻る

宮中ふれあい菜園教室「菜園ス!」今回は“お庭拝見の巻”です。

ファイル 334-1.jpgファイル 334-2.jpgファイル 334-3.jpgファイル 334-4.jpgファイル 334-5.jpg

こんにちは。社員Fです。

菜園教室では定期的に会員同志のお宅におじゃまして、

お庭の見せあいっこをしているんですね。

今回は10期生が11期生のお庭拝見です。

車に分乗して、まずおじゃましたのはTさんのお宅。

「予定時間より早いね~。」笑顔でお出迎えです。

ファイル 150730-.jpg

菜園教室の勉強会や実習で交流を深めている間柄なんです。

Tさんは、2月に横浜から鹿嶋へ来られました。

2月から始めて、ここまで菜園ができるんですね。

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

「土作りがたいへんだったよ」とTさん。

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

かぼちゃは育つがままにしているそうです。

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

「雉(きじ)が近くまで来ることがあるんだよ」

ファイル 150730-.jpg

Tさん、その時は見に来ますから声をかけてくださいね。

2軒目はIさん。

昨年の6月に川崎市から来られました。

Iさんの畑は決して広くありません。

ファイル 150730-.jpg

でも充分に楽しんでいらっしゃいます。

ナス、キュウリ、ピーマン等々。

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

スイカも作っているんですね。

ファイル 150730-.jpg

「この大きさなら、あと2週間で食べられるね」

「スイカが土に触れないように、発泡スチロールのトレー

を下に敷くといいよ」とHさん。

菜園はその人がやりたい広さが一番ですね。

ファイル 150730-.jpg

これから育つちびっ子スイカもスタンバイしていますよ。

ファイル 150730-.jpg

楽しみですね、Iさん。

3軒目は昨年11月に品川区から来られたNさんです。

敷地境界線いっぱいに並んでいるひまわりがお出迎えです。

ファイル 150730-.jpg

Nさんには、先週弊社へ野菜のおすそわけをしていただき、

社員でごちそうになりました。

ファイル 150730-.jpg

特にナスは絶品でした。(前回のブログをご覧下さい)

Nさんは本格的に菜園に取り組んでいらっしゃいます。

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

目の細かい網で囲ったハウスでトマトを作っています。

ファイル 150730-.jpg

ハウスの中は涼しいんですよ。

ファイル 150730-.jpg

見事なトマトが育っています。

ファイル 150730-.jpg

「とうもろこしが虫にやられてダメなんだよ。」

「網で囲ったんだけどね」とNさん。

ファイル 150730-.jpg

上手の手から水が漏れるんですね。

それでも数多くの野菜が育って、10期生の人達も興味を持って

お庭を拝見していました。

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

ファイル 150730-.jpg

Nさん有難うございました。

ひまわりに見送られて、Nさん宅を後にしました。

ファイル 150730-.jpg

次は交代して11期生が10期生のお庭拝見です。

楽しい時間を過ごしてくださいね。

帰り道、空には入道雲が・・・・・。

ファイル 150730-.jpg

夏、本番ですね。

このページの最上部に戻る

ページ移動