記事一覧

畑始めました。byホワイト

ファイル 296-1.jpgファイル 296-2.jpgファイル 296-3.jpgファイル 296-4.jpgファイル 296-5.jpg

こんにちは、タッケンジャーホワイトです。

突然ですが、この度、私とパープルで

会社の裏の畑を借りて畑に挑戦することになりました。

今まで菜園教室の教材を見たり、お客様の畑でお話を聞いたりしていて

興味はあったのですが、なかなか実践することができずにいました。

が、とうとう挑戦するチャンスがやってきました。

とにかく私もパープルも初心者なので、菜園教室の大先生2人と弊社管理部長、

そして弊社お客様にアドバイスを頂きながら、少しずつ進めていきます。

その様子は、このブログで紹介していきますので、

皆様心強い応援をよろしくお願い致します。

今回は、草刈り&耕しの工程をご紹介します。

会社のみんなが草刈りをしてくれました。

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

その間に私は雑草を取り除きながら耕運機で畑を耕します。

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

何年か使っていない土地なのでとにかく土が固い。

しっかり空気を含んだふわふわの土を作りたいので、

2回、3回と耕していきます。

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

二日目

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

どうでしょう。3回ぐらいでやっとふわふわになってきました。

ファイル 140920-.jpg

管理部長からOKをいただき、肥料等の買出しへ。

ファイル 140920-.jpg

化成肥料、油かす、石灰、堆肥、鶏糞等、私の一番作りたかったたまねぎの種など

大量に買い込み買出し終了。

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

ファイル 140920-.jpg

さあこの次は、肥料を土にまぜていきます。お楽しみに!!

※この初心者の畑はいつでも開放中なので、皆さん遊びにきてくださいね。

  • 2014年09月20日(土)
このページの最上部に戻る

外壁の材料について by タッケンジャーブラウン

「ありがとう」いい曲ですよね。

“井上陽水奥田民生”っていいですね。

皆さんこんにちは。タッケンジャーブラウンです。

「細かすぎて伝えたくても伝える機会があんまりないシリーズ!」第4回目は題名の通り

外壁の材料、中でも窯業系といわれる材料についてです。


当社で取り扱っているのは、ニチハ・KMEWという2メーカーの窯業系サイディングとい

われる製品です。「窯業」って読めますか?「ようぎょう」って読むんですね。はずかしな

がら私は読めなくて「かまぎょう」と読んでいました。どうでもいいはなしですね、すい

ません。


では窯業ってなんなの?ということになるんですが、窯業というのは粘土、ケイ砂、

石灰岩などから陶磁器、瓦、ガラス、セメントなど、非金属原料を高熱処理して作るもの

を製造する工業で、窯(かま)を使用するため、窯業と呼ばれています。窯業系サイディ

ングの主原料はセメントです。このセメントに「繊維質原料」を加えます。そうするとそ

の繊維の補強効果により、厚みが14~20㎜程度の薄いボードでも曲げや引っ張りに抵

抗する力が増すので、必要な強度が得られます。


因みに「サイディング」は板状外壁材の総称です。

乾式工法の主要材料の一つで、材質の違いで窯業系サイディング、金属サイディング、塩

ビサイディングなど呼称が異なります。


窯業系サイディングのメーカーは何社かありますが、
柄や厚み、耐久性・施工性など基本的な性能は、ほとんど違いがありません。


さて、窯業系サイディングには、下のような特長があります。


・寸法安定性

工場生産品ですので、性能のばらつきがなく、寸法も安定しています。施工性の高さに

関連します。


・断熱性

16mm前後のセメント板で建物を囲うので、断熱性がそれなりに期待できます。但し

セメントは蓄熱性があるので遮熱を考慮しなければいけません。


・通気

壁の中で結露する「壁体内結露」を防ぐために、通気層を設ける工法が一般的です。


・防火

セメント製品ですので、防火性能が期待できます。


・耐震

サイディングの重さはモルタルの2分の1以下なので、建物に掛かる荷重が軽くなりま

す。



それでは基本性能以外の特殊性能はどうでしょうか?

まずは塗装に関する特殊加工があります。

「ハイパーコート」「パワーコート」とメーカーによって名称が異なりますが、要するに、

外壁の塗膜が特殊コーティングになっていて、色褪せしにくくなっているものです。

5、6年前は塗装技術もまだ拙い部分があり、売りになりましたが、現在は10年程度で

は色褪せが気になることはほとんどなくなりました。そろそろ特殊性能ではなく基本性能

の部類になるかもしれません。


もう一つの特殊加工は、「マイクロガード」「親水セラ」という、水で汚れが落ちるという

技術です。これも発売当初は画期的だと思いましたが、良く説明を見ると落ちる汚れは主

に「排気ガスなどの人工的な汚れ」ということでした。自然発生する苔や砂埃は、対象外

になっています。

ここ鹿嶋は「排ガスで壁が黒くなる」ことは、ほとんどありません。性能としては良いの

ですが、地域柄お勧めすることが難しい商品です。


外壁をなるべく長く綺麗なまま保ちたい、できるだけメンテナンスフリーなものを選びた

いというお客様にお勧めなのが、KMEW「光セラ」です。

これは光触媒を利用して太陽光の働きで汚れを落とすというもの。但し、親水セラと同じ

で、汚れ=排ガス(人工的な汚れ)が対象になります。


それではなぜお勧めなのか?

苔は外壁に付着した有機物を養分として広がっていきます。光セラはこの有機物をある

程度分解するため、苔が付きにくくなるということなのです。真偽を確かめるべく、当社

で光セラのサンプル試験中ですが、今のところドンドン汚れが落ちているのを確認してい

ます。柄だけでなく、外壁の性能面もぜひご検討ください。お電話お待ちしてます。

  • 2014年09月08日(月)
このページの最上部に戻る

12年に1度の「御舟祭」in鹿嶋 byグリーン

ファイル 294-1.jpgファイル 294-2.jpgファイル 294-3.jpgファイル 294-4.jpgファイル 294-5.jpg

「ありがとう」いい曲ですよね。

“いきものがかり”って何気にいいですね。

こんにちは。タッケンジャー・グリーンです。

今回は9月2日の鹿島神宮の式年大祭「御船祭(ミフネサイ)」のお話です。

式年大祭は決められた期間ごとに行われる祭祀で、諏訪大社、戸隠神社等々

由緒ある神社で行われていますが、鹿島神宮では12年に1度、午の年に

行われています。

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

「御船祭」は、なんと1700年前の応神天皇の頃より伝わる祭典なのだそうです。

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

鹿島神宮の祭神「タケミカヅチノ神」が2500人余りの大行列、100艘以上の

大船団と共に巡幸して、香取神宮の祭神「フツヌシノ神」と水上で出会うと

いうものです。

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

12年に一度の午年に斎行されるのは、午は方角では南、時刻では正午と“陽性”

が最も盛んなことから邪気と不景気を祓う「一陽来復」の願いが込められています。

まず、9月1日には、例祭である提灯まち、神幸祭が華やかに斎行され、御神輿が

行宮へ渡御されます。

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

9月2日本番の御船祭は、約2千名の「鹿島立ち」の大行列が鹿島神宮から

一路大船津へ向かいます。

大船津には国内最大級の水上鳥居「一之鳥居」があります。

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

そこに設置された桟橋を通って“御神輿”が御座船に奉載されます。

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

龍頭で飾り付けた御座船は八十余隻の供奉船を従えて、約2時間かけて

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

香取市加藤州へ進みます。

ファイル 140831-.jpg

正午頃、香取神宮による御迎祭が行われます。

ファイル 140831-.jpg

終了後船団は一路帰途につき、午後4時頃に鹿島神宮楼門前で行宮御着輿祭

が執り行われます。

9月3日には行宮祭を斎行、御神輿を本宮に還御する還幸祭が行われ、12年に一度の

大祭が終了します。

ファイル 140831-.jpg
ちなみに鹿島神宮の祭神“タケミカヅチノ神”は“雷神”、かつ“剣の神”で

相撲の元祖ともされる“武”の神なのです。

香取神宮の祭神“フツヌシノ神”も“武”の神で、日本書紀では“タケミカヅチノ神”

と一緒に“アマテラス大御神”の命を受けて“オオクニヌシノ神”と国譲りの交渉を

した事になっているのです。

この時に同行したもう1柱の神がいるんですね。”アメノトリフネノ神”です。

実はこの神は鹿嶋市に隣接している神栖市にある息栖神社の祭神なのです。

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

ファイル 140831-.jpg

鹿島神宮“タケミカヅチノ神”・香取神宮“フツヌシノ神”と

息栖神社“アメノトリフネノ神”は国譲りを成功させた神なんですね。

故にこの三社が「東国三社」と呼ばれているのかな・・・・なんて

勝手に想像している夏から秋に向かう今日この頃です。

  • 2014年08月31日(日)
このページの最上部に戻る

パープル冒険記 --第36回鹿嶋市花火大会!-- byパープル

ファイル 293-1.jpgファイル 293-2.jpgファイル 293-3.jpg

みなさんこんにちは、タッケンジャーパープルです。

暑い日が続きましたが、もうすぐ夏も終わり、涼しさウェルカム!

8月23日(土)に鹿嶋市の花火大会が開催されました。

毎年なかなかタイミングが合わず見に行けませんでしたが、

今年は行ける!

花火を見に行くこと自体が久しぶりだったので、とても

楽しみです。鹿嶋市の大船津北浦湖畔で行われるのですが、

私は遠くの駐車場に車を止めて、歩いて会場まで行くことに

しました。

ファイル 140824-.jpg

ドン、ドン、おっ始まった、会場まであと1.5kmほどの所で花火大会がスタート!

歩くスピードを上げ、目指すは昨年完成した国内最大級の水上鳥居、

ファイル 140824-.jpg

土手沿いの出店のオレンジ色が闇の中で浮き上がり、打ち上がる

花火とが合いまって、とても幻想的な風景を演出していました。

ファイル 140824-.jpg

土手到着、あと少しで水上鳥居です。

ファイル 140824-.jpg

途中の誘惑・・・まずは花火ということで食べるのは後にして

目的地へと急ぎます。(この選択が後で後悔をすることに・・・)

ファイル 140824-.jpg

会場は結構至近距離で花火が見れます、

ズドォーン!大音響とビリビリと伝わる振動!

大迫力、あたりからも「おぉ~」という歓声や拍手が聞こえます。

ファイル 140824-.jpg

丁度クライマックス直前に目的地に到着、鳥居を眼前に、

いよいよクライマックスです。

ファイル 140824-.jpg

始まりました、クライマックスは大玉を

連発するもので、余りの大迫力に鳥肌が立ちました。

ファイル 140824-.jpgwidth=

ファイル 140824-.jpg

ファイル 140824-.jpg

ファイル 140824-.jpg

ファイル 140824-.jpg

花火の終わり際の光の点々がなんとも哀愁があって感慨深かったです。

感動の後、楽しみにしていたあの出店のフランクフルト、売り切れ、

しかも他の出店もほぼ売り切れ状態・・・う~ん残念、

次回は先に買って食べながら見る!

皆さん、鹿嶋の花火大会は毎年この時期に開催されてます、

機会がありましたら、この鳥肌ものの迫力を体験してみて下さいね。

  • 2014年08月24日(日)
このページの最上部に戻る

生まれ変わったお庭  ビフォーアフター by レッド

ファイル 292-1.jpgファイル 292-2.jpgファイル 292-3.jpg

私レッドは、毎朝玄関出入り口と庭の掃き掃除をしているのですが、

当社事務所前の庭の樹木がどうしても気になる・・・

当社の庭に植えてある樹木が、こんな状況に!

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

新芽が伸び放題でちょっとしたジャングルのようです。

7月中旬から8月中旬までの天候不順

「真夏日~豪雨の繰り返し」によるものだと思います。

世間はお盆休みに入り、新しく田舎暮らしを始めたお客様や

別荘に遊びにこられたお客様が、当社に挨拶にこられることがあるので、

綺麗な庭でお迎えしたい。

私は決断しました、剪定をしよう!

連日猛暑が続いていたので、涼しくなった頃合をみて作業開始です

先ずは手始めに、営業部の出窓前の樹木です。

少しスッキリした感じがします。

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

次に、営業部の出窓前の樹木です。

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

この場所は、草刈りが上手に出来ました。

次に、当社、自慢の木製デッキがある接客ルーム前です。

私の腕前をお見せしましょう

ファイル 140810-.jpg

ここで私の中にひらめきが!

ファイル 140810-.jpg

みなさん、何の形に見えますか?

ファイル 140810-.jpg

レッドこだわりの剪定アート、ご覧下さい。

今度は、玄関入り口前の樹木です。

あまりにも大きな樹木があり戸惑いを感じながらも作業を進めます。

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg

良い出来栄え!

当社の従業員全員に感動を与えたみたいです。

この綺麗な庭も2ヵ月後には手入れが必要になるでしょう。

そのときまた、新しい剪定アートをお見せしたいと思います。

  • 2014年08月17日(日)
このページの最上部に戻る

パープル冒険記--鹿島神宮で大発見!--byパープル

ファイル 291-1.jpgファイル 291-2.jpgファイル 291-3.jpg

みなさん、初めまして、タッケンジャーパープルです。
よろしくお願いします。

漫遊いばらきスタンプラリーを使って鹿嶋を巡り、
皆さんにご紹介するという企画で、
鹿島神宮に取材で訪れました。

慣れ親しんだ鹿島神宮のはずだったのですが
おやっ?

ファイル 140810-.jpg
遠目から見えるあのシルエット

ファイル 140810-.jpg
おおっ鳥居が完成してる!
大きい!!
それも木製!!!

ファイル 140810-.jpg
驚きでした。建造しているのは知っていましたが完成しているとは・・・
しばし見上げ、テンションが上がってきた私。

日本三大楼門に数えられる表参道・楼門を通り、まずは運試し・・・
ファイル 140810-.jpg
ファイル 140810-.jpg
まずまずの出だしです。

ファイル 140810-.jpg
スタンプを見つけ、早速ゲット!

ファイル 140810-.jpg
これからが本番と巨樹が生い茂る参道をすすみます

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg
さざれ石、要石とパワースポットを巡っていき、
御手洗池に行く途中で少し寄り道をしました。

ファイル 140810-.jpg
木漏れ日が幻想的!ジブリアニメのワンシーンの
ような風景、癒されます。

ファイル 140810-.jpg
そして御手洗池に到着、

ファイル 140810-.jpg

ファイル 140810-.jpg
一休でソフトクリームを食べながら一休み、

!!!!

あれ何っ?

ファイル 140810-.jpg

なんと、最初に見た木製の鳥居に使われている
杉の木の切り株ではありませんか

ファイル 140810-.jpg

おぉ~樹齢600年、何か神秘的でした。

何度も訪れたことがある鹿島神宮ですが、改めて訪れ、
森などを散策し、新しい発見などがあって、とても
新鮮でした!

皆さんも機会がありましたら、鳥居に使用された
杉の木は4本あるので他の3本、見つけてみて
下さいね。

  • 2014年08月10日(日)
このページの最上部に戻る

野島亭主催のバーベキューに参加しました。byゴールド

お久しぶりです、タッケンジャーゴールドです。

連日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

先日弊社のお客様野島さんより、バーベキューにご招待頂いて、

妻と息子共々およばれしました。

ファイル 140724-.jpg

ファイル 140724-.jpg

メンバーは野島さんご夫妻と弊社分譲地の仲良しグループのOさん、Kさんご夫妻、

Iさんご家族、そして私たち、合わせて13人で夕方五時からはじまりました。

ファイル 140724-.jpg

みんなでお酒やジュースを持ち寄り、野島さんの奥さんご自慢の手料理を

ご馳走になりました。

とても美味しい!素人が作ったものとは思えないその味・・・。

実はKさんの奥さん、野島さんから料理を教えてもらっているそうで

【野島亭】といっていました。

ファイル 140724-.jpg

ファイル 140724-.jpg

今回のお庭のメインの飾りは野島さんのご主人の手づくり提灯です。

ファイル 140724-.jpg

その下で飲むビールは美味しいの一言でした。

ご主人に炭火で焼いていただいたお肉はどれも美味しいものでしたが、

中でも鶏肉はどんな焼き鳥屋よりも美味しい!!

ファイル 140724-.jpg

ファイル 140724-.jpg

この美味しさを少しでも皆さんに伝えたくて写真を撮りました。

お庭で収穫した無農薬の野菜で作った煮物や酢の物、

ファイル 140724-.jpg

また近所の人からいただいた釣りたて小鯵のマリネ風、

ファイル 140724-.jpg

とにかく自宅では食卓に並ばないものばかりで感動の連発でした。

ファイル 140724-.jpg

ご自分のお庭で収穫したもので食卓を飾る、最高の贅沢ですね!

ファイル 140724-.jpg

ファイル 140724-.jpg

Iさんの子供たちと私の長男は意気投合して花火をしながら駈けずりまわっています。

7時ころお開きにする予定が時間を忘れて気がつけば9時になっていました。

どれだけのビールやワインを飲んだかおぼえていませんが、

7時くらいから西風が急に吹きはじめ涼しくなりとても幸せな気分です。

ちなみに参加メンバーはみんな弊社のお客様です。

プライベートでもお客様皆さんに本当に快くしていただき

「感謝」の言葉しかありません。

また来年も呼んでください・・野島さん宜しくお願いしますね。

ファイル 140724-.jpg

皆さんも空気の澄んだ鹿嶋の地でビアーパーティーなどを楽しんでは如何ですか。

  • 2014年08月03日(日)
このページの最上部に戻る

今年もカブトムシがやってきました。byホワイト

ファイル 289-1.jpgファイル 289-2.jpgファイル 289-3.jpg

こんにちは、タッケンジャーホワイトです。

今年も会社にカブトムシがやってきました。

特に甘いものを仕掛けたりなどしていないのですが、

たまにウッドデッキに遊びにきています。

ファイル 140724-.jpg

今年も遊びに来たお客様にプレゼントしようかなと思い、

とりあえず宮中グリーンホームのいきもの係の私が飼うことになりました。

まずは、カブトムシの寝床となる住み家を作ってあげます。

ファイル 140724-.jpg

2種類の土を入れて

ファイル 140724-.jpg

フ<br />ァイル 140724-.jpg

におい消しの活性炭も

ファイル 140724-.jpg

ファイル 140724-.jpg

よーくまぜて

ファイル 140724-.jpg

フ<br />ァイル 140724-.jpg

最後にゼリーをあげて完成。

ファイル 140724-.jpg

かぶりつくように食べてくれました。

ファイル 140724-.jpg

フ<br />ァイル 140724-.jpg

それから三日後、なんとメスがやってきました。

フ<br />ァイル 140724-.jpg

しかも3匹!!!

ファイル 140724-.jpg

まさに両手に花ですね。心なしか喜んでいるようにも見えます。

フ<br />ァイル 140724-.jpg

まだまだ増えると思いますので、ご希望の方は営業部までお声がけくださいませ。

  • 2014年07月27日(日)
このページの最上部に戻る

屋根の材料について by タッケンブラウン

皆さんこんにちは。タッケンジャーブラウンです。

前回は屋根の形についてお話しましたので、今回は屋根の材料についてお話したいと思い

ます。というわけで「細かすぎて伝えたくても伝える機会があんまりないシリーズ!」第

3回目は屋根の材料についてです。

建物外観の印象は、外壁・サッシ窓・玄関ドアによって決まる割合がとても大きくなりま

す。これらの他にも、雨樋や破風板の色、屋根の材料・色も外観に影響を与えます。

特に鹿嶋では平屋建ての住宅が多いため、屋根材の存在感は思いのほか大きなものに

なります(敷地が広いので2階建てにする必要がないんですね)。


カラーベストの住宅


平板瓦の住宅

では屋根材を選ぶときのポイントって何でしょう?

建物の打ち合わせのとき、屋根に関するご相談の中で最も多いのは「スレートと瓦と、

どちらにしたほうが良いのか?」というご質問です。

単純に「***がお得です」と答えるのは難しく、外観イメージや間取りによって答えが変

わってきます。


建築基準法では、重い瓦葺の建物と、金属・スレートのような軽い屋根材の建物では必要

な壁量が変わります。軽い屋根のほうが、耐力壁が少なくて済むようになっているのです。

これはつまり、同じ強度の家を建てようと思った場合には、重い屋根材では大きなスパン

が取りにくく、間取りに制限が生じるということです。


耐久性では、瓦(粘土瓦)に軍配が上がりますが、スレートも35年以上経っても性能が

変わらないというメーカー耐久試験の報告があります。

ただ、スレートは表面の塗装が少しずつ落ちてしまうのが欠点といえるでしょうか。塗装

が少しずつ落ちて基材の色が出てくるのですが、色が落ち切る前だと少しマダラに見える

時期があります。性能には問題ないのですが、見た目を気にする方は5~10年に一度塗

り直しをしています。

瓦は初期費用がスレートよりも高くなりますので、メンテナンスまで考慮した上で、どち

らにするか決定していただいております。


カラーベストのメーカー、三州瓦のメーカーは沢山あります。

当社では、カラーベストはKMEW、平板瓦は鶴弥・山平のものを良く採用するのですが

三州瓦メーカーは何十社とありますし、KMEWもルーガという瓦を販売しています。

サッシメーカーのトステムもTルーフという鋼板屋根材を出しています。

ほとんどの方は、スレートか瓦のどちらかをお選びになりますが、鋼板材も施工できます

ので、詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。



S瓦


平板瓦


鋼板瓦


2階建てではほとんど目に止まらない屋根も、平屋ではとても存在感が増します。平屋を

お考えの方は、屋根についてもぜひご一考ください。そして毎度のことながらお見積もり

は無料となっておりますのでお気軽にお電話ください。お待ちしてます。

  • 2014年07月18日(金)
このページの最上部に戻る

続・ふれあい菜園教室「菜園ス!(science)」byグリーン

ファイル 287-1.jpgファイル 287-2.jpgファイル 287-3.jpgファイル 287-4.jpgファイル 287-5.jpg

ふれあい菜園教室「家“庭”訪問Ⅱ」

「ファイト」

中島みゆきの名曲なのですが、ご存知でしょうか。

こんにちは。タッケンジャー・グリーンです。

前回の菜園教室「家“庭”訪問」の続編です。

タケノコ狩りを楽しんでいるTさんの次におじゃましたのは

これまた同じ頭文字のTさんのお庭です。

ファイル 140609-.jpg

Tさんは6期生の世話役をなさっていた方です。

「きぬさや、ブロッコリー、タマネギ等収穫しちゃって畑はこれだけ」

「若干です」と笑顔でお出迎え。

カーポートの屋根の下にタマネギがつるされています。

ファイル 140609-.jpg

植えてから1ヶ月のミニトマト、ブルーベリー、小玉スイカ等々。

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

小玉スイカを見つけた“菜園マスター・Hさん”が

「スイカがこれくらいの大きさになったら地面に触れないように

トレーを下に敷いておくといいよ」とアドバイス。

ファイル 140609-.jpg

接触面が腐らないようにする為の工夫との事。

さすが“菜園マスター”

Tさんはお庭にドッグランを作っています。

ファイル 140609-.jpg

ドッグランの<主>は“サンちゃん”

1才半のシバ犬です。

ファイル 140609-.jpg

奥さん曰く「サンちゃんは人間が大好きで動物が嫌いなの」

ファイル 140609-.jpg

動物嫌いって、よくわかりませんが・・・・・・・・・・・。

ファイル 140609-.jpg

それでも、人間好きなのは良くわかりました。

ファイル 140609-.jpg

9期生の皆さんと仲良くふれあっていますので。

でも、サンちゃんが一番好きなのはTさんですね。

Tさんご夫婦がサンちゃんと一緒に散歩をしている姿を良く見かけますからね。

ファイル 140609-.jpg

次におじゃましたのがKさんのお庭。

ファイル 140609-.jpg

Kさんは6期~8期生OB会の世話役をなさっている方なのです。

一面芝生張りのお庭で菜園とガーデニングを楽しんでいらっしゃいます。

ファイル 140609-.jpg

バラのアーチが見事ですね。

「手入れが大変でね」とKさん。

ファイル 140609-.jpg

バラはこまめな手入れが必要ですものね。

その手数分だけ綺麗に育つのでしょう。

ファイル 140609-.jpg

お庭に水をまくスプリンクラー。タイマー式です。

ファイル 140609-.jpg

手作りの池。スイレンの葉が浮かんでいます。

葉の間からコイがご挨拶。

ファイル 140609-.jpg

この池は駐車場を手作りした時のコンクリートを

利用して作ったそうです。

スイレンは粘土入りの容器を沈めて固定しています。

ファイル 140609-.jpg

テラス脇の菜園と花壇も綺麗です。

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

見事なキャベツ。葉物は手がかかります。

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

「花が咲いて実のなる木が好き」とKさん。

源平しだれ桃(実は食べられません)は1本の木にピンクと

白の花が咲いて、とても綺麗なのだそうです。

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ミカン、夏ミカン、パイナップルグァバ、とてもカラフルで多彩です。

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ご自分で手作りするのが好きなKさんの真骨頂ですね。

裏にもミニ菜園がありました。

ファイル 140609-.jpg

ファイル 140609-.jpg

ハツカ大根は新聞屋さんからもらった種を植えて成長させたそうです。

ファイル 140609-.jpg

これこそ、菜園作りの楽しさのように感じました。

Kさん、有難うございました。

ファイル 140609-.jpg

次回は今回訪問した9期生のお庭を今回訪問を受けた

6期生が家“庭”訪問します。

菜園教室の皆さんの“ふれいあいの根”が広がっていきます。

これから先も・・・。TO BE CONTINUED。

  • 2014年07月09日(水)
このページの最上部に戻る

ページ移動