記事一覧

鹿嶋では蛙の大合唱

社員Aです。
長いようで短かったゴールデンウィークが終わりました。
この度は、大変多くの方にご来社いただきまして有難うございました。

関東地方では、後半になってお天気が崩れましたが、皆様の休日はいかがでしたか?

小生は、今、都内におります。5月下旬までいる予定です。
滅多にない都会暮らし、日々前向きに生活しておりますが、
何せ住まう所は大通り沿いで、上を見上げれば首都高速。
上も下も排ガスだらけで通り沿いの樹木は真っ黒です。
正直、アレルギーが再発しそうです。。。

そして、なにせ物価が高い。。。
いつも鹿嶋でするように、同じように買い物をしたら、
お会計が倍になっていてビックリ仰天。
1000円ならまだしも、2000円のハードルさえも、
いとも簡単に飛び越え、ヘィヘイ3000円まいどありぃ!という勢いです。
大事な3000円が、レジの中に吸い込まれていきました。

確かに調味料を買ってしまってるから高くなった事もありますが、
まず、魚介類が高すぎます。イカが一杯298円、
ブリが3切れで600円(しかもこれでも特売とは。。。)。
野菜は、特売やセールで100円を切って出されていますが品目が極端に少ないので、
セール以外の野菜を買わざるを得ません。結局高くついてしまうのです。
ブロッコリー248円。。。
ありえませんが仕方なく買いました。

「あなた都会の一人暮らしで何3000円近くも使ってるのさ、
ファミレスのステーキでも食べにいった方が安かったんじゃないの!?」
という自分の声が聞こえ、何となく自責の念にかられました。

また、今日の帰りのバスでは、
親切な初老の方が、小生に席をゆずってくれました。
なぜ譲るんだろう?スーパーの袋が重そうだからかな?
一旦は丁重にお断りしたのですが、
「ボクは次で降りますから」という言葉によって有難く譲っていただきました。
ところが、その方は降りませんでした。
停留所を2つほど通過した時、やっと気づきました。
自分が妊婦に間違われた事を。
譲ってくれた方の優しさに感謝しつつも、なんとも複雑な気分です。

何となく憂鬱な気持ちを引きずったままバスを降りた時、
鹿嶋の本部事務所から電話がかかってきました。
一通り仕事の話を終えると、
「そっちはどうですか?こっちは少し雨が降っていますが夜になると蛙の大合唱ですよ!」
という、小生にとって「ホームシック気分」を増大させるような発言が出ました。
「蛙の大合唱」は、小生にとって季節を実感することができる、鹿嶋の風物詩の一つです。
風呂上がりに窓辺に立ち、蛙の鳴き声を聞きながらのビールなんて、本当に贅沢です。

今はしばしおあずけですが、鹿嶋に戻ったらやりたいことの一つです。

このページの最上部に戻る