記事一覧

秋が感じられた日

ファイル 32-1.jpg

社員Aです。
鹿嶋では、午前中晴れていたものの、午後には雨が降りました。

今日、小生はOFFということもあり、海へお散歩へ出かけました。
車だと気づかない事も、徒歩だと新しい発見があったりする
ので時々歩きます。
というのもありますが…
小生のベルトの上にふてぶてしく居座っているお肉、
この邪魔者をどうにかしたいという気持ちが大半を占めていたりします。
継続しないと意味がないのですが…
今日はジーンズを履いた時にいつも以上に焦りを感じた為、
歩く事としました。

蝉の鳴き声を聞きながら高台から海まで降りていきました。
途中の水田は、緑のじゅうたんとなっており、
風にそよいでいます。よく見ると、稲穂が垂れており、
秋が近い事を実感します。

ここは地元の方が多く住んでおり、歩いていると
会う人会う人が皆、にこやかに挨拶をしてくれます。
とてものどかな空気が漂っており、
昔ながらの「化粧造り」の家が立ち並びます。
土間打ちの台所、
そして縁側で遊ぶ子供を見ると、
とても懐かしい気持ちでいっぱいになります。

鹿嶋に来て初めてお散歩をしたときに驚いた事なのですが、
家の前に出ている表札の苗字が皆一緒だったりします。
小生が歩く鹿嶋市荒野の海沿いは、
どこもかしこも○○さんばかりなので、
会社で地図を見てみたら、
鹿嶋市荒野は○○さん、青塚は△△さん、大小志崎は■■さん、
といった感じで、苗字がまとまっていました。
時々、違う名前の方がポツポツといらっしゃるくらいです。
スーパーの店員さんや美容院へ行った時などは、
名札を見てすぐに地元の人かそうでないか見分ける事が
できたりします。
今、鹿嶋は県内外からの永住者が増え、
色々な方がいらっしゃいますが、
元はみな、親戚一族だったということに気づかされます。
次も○○さんかな?等と考えながら海まで行きます。
海が見えるようになると、
それまで聞こえていた蝉の声が聞こえなくなり、
波の音へと変わります。

海は、別に何もしなくても、ただじっと見てるだけで
心があらわれるような気がします。
気持ちを大きくさせてくれます。
なんでしょうね、動きがあるからでしょうか、
海の力は不思議です。

小生は持参した水筒の麦茶を飲みつつ、
しばらく空を眺めていました。
空には、夏の堂々たる入道雲の姿はなく、
少し遠くなった空に入道雲の雰囲気をちょっぴり残した雲が
漂っていました。

海は、8月中旬までの賑わいとは違い、
普段の海に戻っています。
1組のカップル、
犬とお散歩する人、
小さな子供を連れて歩くお母さん、
海沿いをウォーキングする人、
1人のサーファー、、、。

垂れた稲穂、遠くなった空、落ち着きを取り戻した海は、
鹿嶋に秋が近い事を感じさせてくれました。

このページの最上部に戻る