記事一覧

鹿嶋の魚釣り ~ヘッドランドではアジ・キス釣れてますよ!~

ファイル 148-1.jpgファイル 148-2.jpgファイル 148-3.jpg

こんにちは、社員Aです。
日中もやっと涼しく過ごせるようになりましたね。
鹿嶋は、今日はくもり、少し風がある陽気です。

日もだんだん短くなってきましたね。
小生は、秋になると釣りをしたくなります。
なぜか秋になると釣り熱が高まるのです。
夏に、アジ釣りを始めてみようと思ったのですが、
あまりの忙しさでできませんでした。

ひさびさに何が釣れているか、
昨日海へ行ってみました。!

超開放感!

ヘッドランドには釣り人がいます。


ファイル 100915-1.jpg



釣り人いわく、
先日は、ヘッドランドの内側で
キスが30本釣れたとのことでした。

じゃぁ、今日はどうだろう?と
釣果を見せていただきました。
ざっと20尾くらいです。皆さんだいたい同じくらい。
みなさん朝6時~8時にヘッドランドに登場したとのことでした。
小生がここに来たのは昼の12時ですから、4時間はいたことになります。


ファイル 100915-2.jpg



時々、サバ君もつれます。
サバは、釣れた後にブルブルブルブル
すごい動きます。


ファイル 100915-3.jpg



「今日はぼちぼちだなぁ。」
「いれば釣れるんだよ。いなけりゃ釣れないよ。」
そう言って場所を変えながら釣る人たち。

青物は群れで回遊しているようで、
その群れに当たれば入れ食い状態だけど、
はずれればゼロだったりするのです。

それにしてもアジ釣りの何が良いって、、、
「疑似餌」であること!


ファイル 100915-6.jpg



アジ釣りの餌はなんだろう?と
仕掛けを見るとヒラヒラしたものが。
「そのヒラヒラは疑似餌!?」とおじさんに聞くと、
「そうだよ。イソメとかは餌代が高くつくからこっちがいいよね。」と言われました。
おじさんはそう言えど、
小生からすれば、問題は「お金」じゃないのです。
クネクネと動く生きた餌を「触りたくない」のです。
いや「触れない」のです。
かわいこぶってるわけではなく、
拒絶反応とでもいいましょうか、
菜園でつく虫もだめなら、
釣りの虫もだめです。
そんな小生からすれば、疑似餌やルアーというものは、
大変に嬉しい釣りなのです。

アジ釣りは、ヒラヒラがいくつもついている仕掛けをつけて
海へ投入、ズルズルとサビきながらアタリを待つのです!
そして引きがあったらリールをイッキに巻き上げる!
疑似餌なら、何度でも使えるから確かに経済的ですし、
いやぁ、やりたいです。。。
そんな事を思いながら、ひと時釣り人気分に浸っていると、

おじさんが小声で「キタ!」と言いました。
「おおお!!3つもついてる~!」喜ぶ小生。
きっとキャァキャァうるさいと思われたでしょう。。。


ファイル 100915-4.jpg





ファイル 100915-5.jpg



毎日働いている小生からすれば、釣れる瞬間の光景は、
非日常的でわくわくする出来事です。
その方は、入れ食い状態になったのですが、
隣でやっている方はサッパリといった感じです。
そのうち、入れ食いの方も止まってしまいました。

「いれば釣れるし、いなけりゃ釣れないよ」
その言葉通りですね。

それにしても、角折から来たというおじさんは、
鹿嶋に来てまだ1年、おまけに釣り歴も1年だとのことでした。
「うそでしょー!!」思わずそう叫んでしまいました。
日焼けしてるし、その慣れた手つきから
てっきり鹿嶋に生まれて○○年、釣り歴も長そうに見えたのですが、
釣りも素人だったとのこと、小生のように、釣り人に色々と聞きながら
覚えていったとのことでした。


ファイル 100915-7.jpg



釣りにしろ、菜園にしろ、やはり自分から
アクティブに動くことが大事なんだと思うのでした。
鹿嶋のサーフでは、
今はアジ、イシモチ、キスです。
ヒラメはとき~どき釣れるそうです。
それにしても、ヒラヒラとした疑似餌で楽しめるアジ、
手軽に楽しめる釣りの一つです。

このページの最上部に戻る