記事一覧

偕楽園へ行こうと思い立った日

ファイル 130-1.jpgファイル 130-2.jpgファイル 130-3.jpg

こんにちは、社員Aです。本日は、公休でお休みを頂戴しておりますが、
ブログを更新しています^^;
皆さん、節分も終わりましたが、どのように過ごされましたか?
小生は、今年初めてセブンイレブンで恵方巻を予約し、
西南西の方角を向いて、おいしくいただきました。
恵方巻ですが、セブンイレブンのパワーで全国に定着しつつありますね。

また、節分の日は、
旦那と小生、子供がそれぞれが鬼に扮して
豆まきをやったのでした。大騒ぎしながら豆をまき散らかしていると、
「あ!雪だ。」という声が。
ふと窓の外を見ると雪が降り始めていました。

先日、東京で初積雪を観測したとのことでしたが、
その際、鹿嶋に雪が降ることはありませんでした。
しかしながら、節分の日の夜、とうとうこの冬初めての雪を見たのです!
子供は、鬼のお面をかぶりつつ、家の外に飛び出して行きました。
子供は、雪合戦とか、雪だるまとか、そんな経験はありません。
「明日積もってるといいね!そしたら雪合戦して遊ぼうよ!雪だるまも作ろう!」
などといいつつ、自分も子供にかえったような気持ちになり、
庭をぴょんぴょんはねていました。

が、、、本日の朝、、、、、思い描いていた雪は、、、ありませんでした。
日陰のところや、屋根、車の頭の上にちょろっと残っている程度で、
とてもとても、何か作ったり遊べるレベルにはない状態でした。

小生が小さい頃は、
東京ですら、年に2回くらいは積もる事があり、
車の上に積もった雪を手にとって
皆で雪合戦したり、雪だるまを作ったりすることができました。
それはそれはとても貴重な経験で、大変に楽しかった記憶があります。
今は、東京でもなかなか積もる事はないようですが、
やはり鹿嶋でも同じです。
むしろ、東京と鹿嶋は近いのに、
都内が降っても、鹿嶋は降らない事がある程です。

今日、いつもは朝寝坊の子供が、
いつになく朝早くに飛び起き、
窓の外を見てがっかりした顔をしていました。

「そうだよな…その気持ち…わかるよ…」
子供の寂しそうな表情を見ながら、小生も残念に思っていた所、
良い事を思いつきました。

そうだ、今日はお天気が良いから、梅の花を見に行こう!
「偕楽園に行こう!電車に乗ろうよ!」
突然にして思いつき、子供に提案しました。

今から4~5年位前でしょうか、
当社発行の「鹿嶋の土新聞」にて「水戸偕楽園 大洗鹿島線の旅」
と題した記事を掲載して以来、偕楽園へは行っていません。
まだ偕楽園では、殆ど梅は咲いていないと思いますが、
これが「梅まつり」の時期になると、それはそれは
感動的な光景を目にすることができるのです。
今年行って、また新聞で紹介したいな、、、と思っていたのです。
この行く気満々になっている今こそが、
チャンス!

小生は出産間近な為、お腹の中の赤ちゃんに
「ちゃんと骨盤ベルトを巻いて行くから、今は出るでないぞ。」と話かけ、
いざ偕楽園へと向かいました。^^;
鹿嶋から水戸までは約1時間、
大洗鹿島線でゆく小さな旅行です。

偕楽園は、これからが一番素敵な時期を迎えます。
続きはまた明日ご紹介したいと思います。

このページの最上部に戻る